日本人はとっても珍しい遺伝子を持っている?

上の図を見て下さい。やや見にくいのですが、日本はアジア近隣国とはちょっと変わった遺伝子形態を持っている事がわかります。特にY遺伝子Dです。濃い紫色の部分ですが、韓国中国東南アジア諸国にはあまり見られません。このY遺伝子D系統の中でも2というY遺伝子D2を保有しているのは世界で実は日本人のみです。これは南琉球から北海道まで均一に保有しています。要するに固有種です。

しかし、Y遺伝子Dと極近しいEに着目すると面白い分布が見てとれます。まさにシルクロード沿いに分布しています。これは西から人が移動したか、もしくは東から人が移動したかの証ですが、西からやってきた説が現在は現実的だと思われます。ただ中国朝鮮半島にはあまり留まっていないところが興味深いです。

DE分布を見るからには、地中海沿岸部からドイツあたり中近東からチベットあたりに多く分布しています。これは近代史に多く結びつく証拠であり、現在学校などで習う歴史とは整合性がつかない部分がある事を意味しています。

下記は日本とアジアの分布です。これを見ると日本人はまさに世界民族のハイブリッドです。